#MBFW2019 – Lena Hoschek at Berlin Fashion Week 2019

今年もこの季節がやってきました。ドイツの首都ベルリンで開催されたファッション・ウィークで、Lena Hoschekが秋冬コレクションを発表しました。私たちはこのショーを生で見て、感激しています。ホシェックは、今年もユニークなデザインで私たちを驚かせてくれました。

ユーモアのあるファッション – ホシェックの哲学

Lena Hoschekは、主に40年代、50年代のハリウッドスターからインスピレーションを受けています。ホシェック氏は、40年代や50年代のセックスシンボルたちが、現在と比べて、自分自身をそれほど深刻にとらえず、ユーモアを持って人生を過ごしていたことが刺激的で面白いと考えている。ホシェック氏によると、メリン・モンロー、ソフィア・ローレン、ジーナ・ロロブリジーダは、史上最も魅力的な女性であり、その理由は容姿だけでなく、他に類を見ない個性にあり、レナ・ホシェック氏にとっては純粋なインスピレーションの源となっています。彼女のファッションのスペクトルはとても広い。ドレス、スカート、ブラウス、トラウザーズ、民族衣装、パジャマ、アイウェアなどのアクセサリーを年に2回制作し、発表しています。彼女のクライアントには、ポップスターのKaty PeryやCharlotte Rocheなどがいます。

Lena Hoschek – MBWFでの2019年秋冬コレクション

Lena Hoschek氏は、初めてベルリンで2010年のコレクションを発表することが許されました。女性らしさと色気が混在し、50年代を彷彿とさせます。今日、彼女は女性らしさの大使と呼ばれており、他のファッションデザイナーの中でも、彼女のコレクションは常に新鮮で陽気である。モデルたちのキャットウォークには、オリエンタルな模様が施されています。レナ・ホシェックは最後に満足げにステージに登場し、四方八方から拍手喝采を浴びる。若いデザイナーのための良い仕上げです。