Jil Sander: ミニマルでエレガントなファッションの女王

2位

Jil Sander

同じくハンブルク出身のハイデマリー・ジリン・サンダーは、1968年にJIL SANDERの名でファッション会社を設立しました。イタリアのファッショングループ、プラダがJIL SANDERをほぼ完全に買収した後の2004年まで、彼女は何度か中断しながらも自分のブランドのためにデザインをしていました。2004年、彼女はついにJil Sanderから独立し、自分のファッションブランドを立ち上げました。ドイツでナンバー2のファッションデザイナーになった理由は?Jil Sander(ジル・サンダー)は、Queen of Less(少ないものの女王)と呼ばれ、ミニマルでありながら非常に上質なスタイルで知られています。彼女はファッション業界に新しいラインを確立し、彼女がデザインしたトラウザー・スーツやトレンチ・コートは今日でも彼女のトレードマークとなっています。ブラック、グレー、ホワイト、ベージュ、ブラウン、ダークブルーなどのシンプルな色使いは、キャリアウーマンのためのファッションの控えめなエレガンスを物語っています。

Jil Sander 2016年春夏 – ミラノ・モーダ・ウオモ

<概要に戻る