Fear of God – ファッション、ストリートウェアブランド、スニーカー、VIP用

フィアオブゴッド – ヴェトモン、オフホワイト、パームエンジェルスのように、フィアオブゴッドはストリートウェアシーンで最も重要なファッションブランドの1つです。2013年、ジェリー・ロレンゾがロサンゼルスで設立したアメリカの独立系高級ファッションレーベル。時代を超えて着用可能な衣服をデザインし、アメリカンな表現に独自の解釈を加えて、現代文化の象徴的な存在となっています。上質な素材と職人技による瞑想的で洗練された融合で、そのユニークな遺産に敬意を表しています。ブランドとデザイナーのジェリー・ロレンゾについて、もっと知りたいですか?フィアオブゴッドの記事を読むと、このブランドのすべてがわかります。また、他のストリートウェアブランドについては、ブランドガイドで詳しくご紹介しています。

フィアオブゴッドの歴史: デニムジーンズとスニーカー

フィアオブゴッドのデザイナーであるジェリー・ロレンツォは、一見すると矛盾に満ちている。野球に囲まれて育ったが、ファッションの世界でキャリアを積んだ。彼は深い信仰心を持ちながら、虚栄心に悩まされる業界で働いている。彼のブランド「フィア・オブ・ゴッド」は、大衆的な商業的成功を目指して作られたものではありませんが、非常に大きな成功を収めています。ロレンツォはファッション界の有名ブランドと仕事をしていますが、フィアオブゴッドは完全な独立企業であり続けています。

それじゃ意味がないんです。しかし、ロレンソは、独自の方法で成功を形にする方法を理解している。それは、現代のファッション界を、自分なりの方法で、自分らしく生きることです。

ジェリー・ロレンソのはじまり

幼少の頃、同姓同名の父親がプロ野球選手で、後に監督になった。父はプロのスポーツ選手だったが、ロレンソは決して贅沢な環境で育ったわけではない。ロヨラ・メリーマウント大学でMBAを取得すると、小売業、ディーゼルショップのストックルームで働くようになった。ロレンツォはそこで、ブランドのさまざまなフィット感について不思議な感覚を身につけました。この感覚は、後に彼が独自のジーンズを開発する際に、必ず役に立ちます。

ジェリー・ロレンソの写真をご覧いただけます。

2008年、ロレンゾはドジャースのスター選手マット・ケンプのマネジメントをするためにロサンゼルスに戻ったが、同時にラッパーやアスリートを呼び込むパーティ「JLナイト」を開催するようになった。ロレンソはケンプの身だしなみを担当していたが、ケンプのために欲しい服がなかなか手に入らないことがわかった。その結果、実際の服作りの現場へ行くことになった。「彼のワードローブに足りないものがあれば、他の人たちもそれを探さなければならないからです。ロレンツォは、自分のワードローブの中にある、自分が着たいけれど誰も作っていないものを探しながら、この方法で作品に取り組み続けています。

ロレンソの最初の服

ロレンソは、JLナイツで得た利益を制作費に充てた。2011年に初めて作りたいと思った作品は、サイドにジッパーが付いた半袖のパーカーだったそうです。彼は、フレンチ・テリーと実際に作品を作ってくれる人を探すために、ロサンゼルスを車で回った。パーカーにRiRiのジッパーを付けて、ラグジュアリーな雰囲気にしたかったそうです。北米最大の衣料品産業の中心地であるロサンゼルスほど、この課題に適した場所はないだろう。残念ながら、ロサンゼルスは、業界のことを知らない若い起業家が、利用されやすい場所でもある。結局、ロレンソは、ある生地やパターンを約束してくれた工場や人に、何万ドルも先行投資しなければならなくなった。

後期コレクションのノースリーブパーカーです。

第1回フィアオブゴッドコレクション

2012年、ロレンソはファーストコレクションの残りを完成させた。しかし、すでに何人かの著名人が彼の作品を身につけていた。ロレンゾは妻を通じて、ビッグ・ショーンのために長袖Tシャツと半袖パーカーを手配し、それがきっかけでカニエ・ウェストがロレンゾの作品を見て、彼にアプローチするようになりました。当時、西はまだファッションへの転向の初期段階だった。

2013年、ロレンソはビッグ・ショーン、ドンC、キッド・クーディ、ヴァージル・アブローらとともに、カニエのサークルでも知られていた。同年2月に発売された「フィア・オブ・ゴッド」では、ロレンツォの有名な友人たちに着せていたものがコレクションの主役となった。予想通り、大成功でした。ロレンゾの数多くの共同署名もさることながら、ブランクにグラフィックをスクリーン印刷するだけでなく、フィア・オブ・ゴッドが活躍できる新しい環境を創造したことが功を奏した。

Fear of GodのジーンズとTシャツを着たKanye West。

ブランドの躍進

その忍耐が実を結び、第3集以降、Fear of Godは本領を発揮することになる。2015年には、このブランドは独特の美学を持つだけでなく、バーニーズなどの小売店との血統も確立していました。生産性も向上していた。それまでロレンツォは、光沢のあるリリ・ジップを使って高級感を出すことに満足していたが、今ではイタリアと日本から生地を調達している。

パック・サンの神への畏敬の念

また、ロレンツォは、自分の服をより手頃な価格にするために、賢い行動をとりました。フィアオブゴッドがラグジュアリーブランドに進出すると、ロレンゾはパックサンと提携し、より手頃な価格のディフュージョンライン、F.O.G.を立ち上げました。

バーニーズで1000ドルのジャケットを売るのも格好いいけれど、手頃な価格のものもあることがロレンゾにとって重要だった。”正直言って、バーニーズよりもパックサンで買い物をする家族の方が多いんだ。”ロレンソは、”いとこが僕を見て、僕を誇りに思ってくれる場所にいたいんだ “と言った。F.O.G.とFear of Godはかなり似ていて、最初のPac Sun限定ドロップと2015年末にほぼ同時にリリースされた4thコレクションをつなぐ、包括的な美学を備えていました。

パックサン・フィアー・オブ・ゴッドのコレクションからのルックをご紹介します。

ジェリー・ロレンソの最初のスニーカー

この価格の二面性は、2016年に全く異なる2つの価格帯で靴事業に参入したことからもわかるように、ロレンゾとフィアオブゴッドの戦略として浮かび上がってきました。数カ月にわたるヒントの末、フィアオブゴッドは2016年6月、ついに「ミリタリースニーカー」を導入した。リモンタ・ナイロンを使用し、レザー仕上げ、サイドジッパー、リッジソールを備えたミリタリースニーカーは、100以上のサンプルを経て完成したものです。1,000ドルという価格で市場に投入された時、大きな反響を呼んだ。そのわずか2カ月後、フィアオブゴッドはバンズとのコラボレーションで、パックサンのみで販売される、より手頃な価格の靴を発表した。

2016年のミリタリースニーカーをご覧ください。

神を畏れるという新しいビジョン

ãã“ã§ç™»å ´ã—ãŸã®ãŒã€2020å¹´3月のパリ・ファッションウィークで発表された「Fear of God for Ermenegildo Zegna(フィア・オブ・ゴッド フォー ã‚¨ãƒ«ãƒ¡ãƒã‚¸ãƒ«ãƒ‰ãƒ»ã‚¼ãƒ‹ã‚¢ï¼‰ã€ã§ã™ã€‚ãƒ­ãƒ¬ãƒ³ãƒ„ã‚©ã«ã¨ã£ã¦ã€ã“ã®ãƒ‘ãƒ¼ãƒˆãƒŠãƒ¼ã‚·ãƒƒãƒ—ã¯ã€ã€Œè‡ªç”±ã€æ´—ç·´ã€ã‚¨ãƒ¬ã‚¬ãƒ³ã‚¹ã«æ ¹ã–ã—ãŸç¾ä»£äººã®ãƒ¯ãƒ¼ãƒ‰ãƒ­ãƒ¼ãƒ–ã‚’ä½œã‚ŠãŸã„ã€ã¨ã„ã†2つのブランドの融合であります。また、メンズウェアにおけるアメリカンラグジュアリーとイタリアンラグジュアリーのスタンダードを確立してきたブランド同士のパートナーシップでもあります。ゼニアのデザイナー、アレッサンドロ・サルトリのテーラリングとロレンツォの現代人のためのデザインの才能を融合させたこのコレクションは、他のラグジュアリーとストリートウェアのパートナーシップ(シュプリーム×ルイヴィトンが最も有名な例でしょう)の足跡をたどることができるはずです。

両デザイナーの写真はこちらです。

神の名衣を恐れよ

Fear of Godが登場して間もないにもかかわらず、Jerry Lorenzoはいくつかの注目すべきコレクションや衣服でファッション業界の金字塔を打ち立ててきました。手頃な価格のストリートウェアから豪華なハイファッションまで、ファッションを愛するすべての人のための何かがあります。

フィアオブゴッドデニムジーンズ

キャットウォークや日常生活で、多くの著名なVIPに着用されているパンツです。ブルーウォッシュのセルビッチジーンズに、伝説的なトリプルディストレスを施し、その後のストリートウェア文化全体に影響を与えた。カット、カラー、ルックス、すべてがちょうどよく、だからこそ、多くのブランドがこのパンツのスタイルを真似し、日常生活で見逃せないものとなったのです。

レッドカーペットでは、Fear of Godのデニムに1of1のBalmainのジャケットを合わせたカニエ・ウェスト。

フィアオブゴッド・エッセンシャルライン

2018年初頭に立ち上げて以来、Essentialsは独自のブランドとなり、より定期的にドロップし、より安い価格で、ファンがロレンツォの作品を手に入れるための最良かつ最も安定した方法を示しています。しかし、このベーシックブランドは、SSENSEのようなプライマリーマーケットの小売店(今のところオンライン独占販売)では常に完売しており、ベーシックブランドであることを考えると本当に驚くべきことです

ここでは、エッセンシャルラインのルックをご覧いただけます。

ジャスティン・ビーバー パーパス・ツアー・マーチ

ジャスティン・ビーバーのアルバム「Purpose」の発売時期には、カナダ人歌手のPurposeツアーのマーチャンダイズもロレンゾが手がけました。ロレンゾが手がけたYeezusツアーは、コンサートマーチャーの業界を再構築するきっかけとなり、ユニバーサルミュージックグループのマーチャーの取り扱いを行う部門、Bravadoの創設につながりました。1人はヴィンテージTシャツの百科事典のような知識とファッションへの眼識を、もう1人は多くのファンを持っていたのです。

ジャスティン・ビーバーがパーパス・ツアーからマーチャンダイズでライブ。

フィアオブゴッドに関するよくある質問

ここでは、「フィアオブゴッド」について、インターネット上でよくある質問を掲載しています。

フィアオブゴッド」の誕生秘話を教えてください。

  • フィア・オブ・ゴッドは、ジェリー・ロレンゾが2013年にロサンゼルスで設立したアメリカの独立系ラグジュアリーファッションレーベルです。時代を超えて着用可能な衣服をデザインし、アメリカンな表現を独自に取り入れて、現代文化のランドマークとなっているブランドです。

フィアオブゴッドは誰のもの?

  • ジェリー・ロレンゾはフィアオブゴッドの創始者であり、現在もブランドを完全に所有しています。

フィアオブゴッドは中国で生産されているのですか?

  • フィアオブゴッド ナイキのコレクションのみ、中国で生産しています。それ以外はすべて、ロサンゼルスなど選ばれた場所で生産しています。

フィアオブゴッドのようなブランド

ストリートウェアの分野では、短期間で高い知名度を獲得し、成功しているブランドが数多く存在します。しかし、フィアオブゴッドほどユニークなアプローチでファッションシーンにインパクトを与えている企業は数少ないでしょう。フィアオブゴッドに類似したブランドの口コミ(レビュー)をお送りします。

Fear of God ビデオ

キャンペーンやコレクションの詳細は、Fear of Godのビデオ記事をご覧ください。また、デザイナーのジェリー・ロレンゾのインタビューも掲載されています。

オフホワイト

オフホワイトはフィアオブゴッドと非常によく似たキャリアを歩んでいます。デザイナーのヴァージル・アブローは、ジェリー・ロレンゾと同じ時期にカニエ・ウェストの周りにいて、彼のブランドはフィア・オブ・ゴッドと同様にファッションとヒップホップのシーンに影響を与えた。オフホワイトに関する記事をご紹介しています。

ファッションブランド:一覧

Fear of Godに興奮し、もっと多くのブランドを知りたいと思いませんか?そして、ファッションガイドを見て、世界のトップファッションブランドを知ってください。贅沢なオートクチュール。洗練されたプレタポルテ。上質なスポーツウェアと革新的なアクセサリー。世界で最もラグジュアリーなファッションブランドは、毎年、その精巧なコレクションで何百万人もの人々やファッション愛好家を楽しませています。彼らは限定品を手に入れるために店の前に陣取り、憧れのファッションウィークにはパリの街角に立ち、最新で最もヒップなランウェイショーを見るためにテレビの前に大きく目を見開いて座る。究極のファッションブランドガイドがここにある。