Dialogue Marketing Agency: コミュニケーション、キャンペーン、メディアプランニング – タスク

ダイアログマーケティングエージェンシー – モデルとして撮影現場にいると、多くのエージェンシーの担当者と接しなければなりません。例えば、対話型マーケティング会社からも。ここでは、対話型マーケティングエージェンシーの仕事内容を知っていただくために、彼らの業務内容やクライアントへのサービス内容を簡単に紹介します。例えば、キャンペーンの企画を担当する。そのため、常に誰かが現場にいて、すべてが計画通りに実行されていることを確認することができます。すべてに戻る代理店です。

ダイアログ・マーケティング・エージェンシーが目指すものは何でしょうか。

ダイアログマーケティングエージェンシーとは、何よりも「コミュニケーション」を意味しますしたがって、対話型マーケティング会社は、ブランドがターゲットグループ(潜在的な購買者)に到達するのを支援します。

ダイアログマーケティングの代理店が近くにあるのはなぜか?

ダイアログ・マーケティング・エージェンシーは何をする会社なのか?

ダイアログ・マーケティング・エージェンシーが担当する領域は、ブランドの外部コミュニケーションに関わるほぼすべての事柄に及びます。個々のターゲットに合わせた最初のアイデア出しから、キャンペーン企画、顧客ロイヤリティ戦略まで。

アイデア開発、ターゲット層へのコンサルテーション

アイデア開発+ターゲットグループコンサルティング – 全てはターゲットグループ、彼らの非常に個別のニーズ、希望、アイデアから始まります。

ターゲットグループは、人々をより小さなグループに分けるので、マーケティングにおいて非常に重要です。例えば、ファッションブランドのターゲット層は、トレンドやファッションに親和性の高い17〜26歳の若者とすることができます。そして、そのターゲットにぴったり合ったアイデアを提供します。

キャンペーン企画

ターゲット層とアイデアの次は、具体的なキャンペーンです。それに伴い、対話型マーケティング会社はキャンペーンのプランニングも担当するようになりました。

キャンペーンプランニングとは、適切なメディア、適切な期間を選択することですが、同時に重要な数値を定義し、後でその成果を確認するために使用することができます。

メディアプランニング

メディアプランニング – メディアプランニングは、ダイアログ・マーケティング・エージェンシーの中で、さらに別のカテゴリーに分類されます。

何しろ、1本のCMがすぐに数百万円になるような大金が動いているのですから。そのため、ターゲット層にアプローチする新たな方法が常に模索されており、もちろんソーシャルメディアアプリは最適な手段です。すでにマーケティング会社には、キャンペーンに利用できる多くのユーザーデータが提供されているのですから。17歳から26歳までというターゲットの年齢を思い浮かべるだけで、広告はまさにこのターゲットに流すことができるのです。

顧客ロイヤルティ戦略

顧客維持戦略 – 新規顧客の獲得には多大なコストがかかる。だからこそ、常連客を作ることが賢明であり、それに応じて顧客維持戦略も対話マーケティング会社のタスクの一部となるのです。

既存の顧客データも、例えば今でも人気の高いメールマーケティングに活用することができます。オンラインショップで既に購入したお客様は、何を購入したのかが分かり、それに応じて、何を購入したのかも分かります。

コミュニケーション戦略

コミュニケーション戦略 – 会社が大きくなればなるほど、計画も大きくなる。そのため、ブランドによっては、全社員、フリーランサー、代理店など、すべての人が指向するコミュニケーション戦略が設定されることもあります。

例えば、「こんにちは、タンヤさん」、「こんにちは、シュナイダーさん」というように、簡単にDuと呼びます。統一されたコミュニケーション戦略によって、ブランドは統一されたブランドの存在感を示すことができるのです。これにより、認知度や統一性を確保し、お客様のロイヤリティを高めることができます。

販売支援

販売支援 – ダイアログマーケティングも古典的には販売、つまり商品やサービスの販売に関わるものです。そのため、コミュニケーション戦略の中でも、販売施策のサポートには常に気を配っています。

これも簡単な例です。2つの広告のうち、1つの広告にレザージャケットが掲載されていると想像してください。もう一方の広告には、「Now new in the shop」という小さなスローガンが書かれたレザージャケットが写っています。単品の新製品ではなく、ユーザーにも直接、「このジャケットが買えますよ!」というヒントが与えられるのです。先ほども言いましたが、これはあくまでもコミュニケーション戦略を売上につなげるための小さな、簡単な例です。

コーポレートデザイン、グラフィック & レイアウト

コーポレートデザイン、グラフィック&レイアウト – ダイアログマーケティングには、テキストだけでなく画像も含まれます。それに伴い、ダイアログマーケティングエージェンシーもデザインエージェンシーの仕事の一部を引き継いでいます。例えば、企業のデザインコンセプトを統一する「コーポレートデザイン」。ウェブサイト、Eコマース、イメージパンフレット、ポスター広告、地域のショップ、すべてが統一された外観を持っています。

ウェブデザイン/UI(ユーザーインターフェイス)

Webデザイン/UI – 現在、ほとんどの企業が企業コミュニケーションをオンラインマーケティング戦略に依存しています。その中心的なツールの一つが自社のWebサイトであり、それに伴い、Web制作の分野でも対話型マーケティング会社が活躍するようになってきている。

UIとは、ユーザーインターフェースの略で、簡単に言うとウェブサイトの見た目のことです。すべてが明確に構成され、シンプルであるか?明確な道筋があるか、例えば連絡先のボタンや直接20種類のボタン…これらはすべて、対話型マーケティング会社がブランドやその商品・サービスについて人々にさらに良い情報を提供するための小さなレバーなのです。

ダイアログ・マーケティング・エージェンシー:タスク&サービス

 

ここで改めて、対話型マーケティングエージェンシーの代表的な業務内容を整理してみましょう。これらは、サービスです。

  • アイデア展開
  • 対象者協議
  • キャンペーン企画
  • メディアプランニング
  • 顧客ロイヤルティ戦略
  • コミュニケーション戦略
  • 販売支援
  • コーポレートデザイン、グラフィック & レイアウト
  • ウェブデザイン/UI

次のモデルの仕事でダイアログマーケティングの会社の人に会ったら、彼らがクライアントのために何をしているのか、だいたいわかったと思います。

代理店:マーケティング、メディア、広告

エージェンシー – メディア、広告、マーケティング、非常に多くの、さまざまな種類のエージェンシーがあります。モデルとして、写真撮影やファッションショー、コマーシャルなどの撮影現場で、多くのエージェンシーと仕事をすることになります。ここでは、その概要をご紹介します。