CMモデルズ×Treedom:CMが植樹を開始!地球温暖化防止のために

CM×Treedom – 一緒に頑張ろう!私たちCMモデルのチームには、地球をよりグリーンにし、気候変動と戦うというミッションがあり、私たちはその手助けをしたいと考えています。パートナーであるTreedomと一緒に、今年もたくさんの木を植え、同時に世界中の人々をサポートしたいと考えています。私たちの社会的な取り組みと、サステナブルな企業の森について詳しくご紹介します。

Treedomで未来に投資する

なぜ木なのか、なぜTreedomなのか、そしてそれが持続可能な未来とどう関係しているのか。簡単に言うと、すべての木は生きている間に大気中の二酸化炭素を吸収し、木の中に閉じ込めているのです。チューリッヒ工科大学の研究によると、木は人間が排出するCO2の2/3を吸収することができるそうです。

Treedomは、持続可能な未来のために、ユーザーのコミットメントを透明かつ革新的に活用することを可能にするプラットフォームです。数回クリックするだけで、木を植えたり、ギフトとして贈ったりすることができるのです。2010年の設立以来、Treedomは17カ国で330万本以上の木を植えてきました。これにより、すでに合計で857,000トンのCO2を削減し、全世界で約20万人の方にご利用いただいています。

私たちのビジョン – CM 企業の森

CM-Modelsは、気候変動対策にも貢献したいと考えています。そのため、南半球の国々で植林を行い、持続可能な社会的・経済的利益を実現する「Treedom」を支援しています。地球の気候に良いことをするだけでなく、地元の小農を支援し、収穫物を販売することで収入を増やすことができるのは嬉しいことです。

これまでのインパクトが一目でわかる

2本の木を植樹

– 855kg CO2削減

Treedomでは、数回のクリックで世界中に木を植え、良いことをしてきました。Treedomは、私たちの寄付金から、生物多様性の保全と地域社会の支援を目的に、世界各地の小規模なアグロフォレストリー・プロジェクトに資金を提供しています。

植えられた木には、それぞれ小さなホームページが用意されています。こうすることで、プロジェクトの進捗をオンラインで透明かつ容易に確認することができます。植樹した場所の座標だけでなく、社有林の最新情報や写真も常に送られてきます。

ここに木を植えたんです。

  • グレヴィレア
  • コーヒー

なぜグレビレアなのか?

花は鮮やかな黄色で、その豊富な蜜はミツバチを引き寄せ、生態系を強化し、他の植物の受粉を促進する。

なぜコーヒーなのか?

コーヒーは地域社会にとって重要な収入源であり、地域経済を支えています。

すべては、小さな木を植えることから始まるのです。

CM 植物の変化をモデル化 – ローカルおよびグローバルに

地球をよりグリーンにすると同時に、環境と社会にインパクトを与えるという共通の使命を持つTreedomをサポートしたい。そのため、すでに2本の木を植え、年内に合計10本の植樹を目指します。

CM Modelsを支える私たちのチームは、Treedomのプロジェクトが、持続可能な生態系を作り、維持するだけでなく、世界中の何千人もの人々をサポートすることができると確信を持っています。植林を行うことで、気候変動対策だけでなく、地域の社会的・経済的な利益も促進することができるのです。

生態系への恩恵:種の保存による生態系と肥沃度の強化

樹木や森林は気候変動に不可欠であり、だからこそ、資源や土壌の持続可能な利用を重視することが重要なのです。樹種の選択にあたっては、現地の環境要因を特に考慮します。こうすることで、プロジェクト地域の個々のニーズに対応し、樹木をアグロフォレストリー・システムに最適に組み込むことができるのです。これにより、長期的に地域の生態系を強化し、生物多様性や土壌の肥沃度の保護に貢献することが可能となるのです。

CMは地域の環境を改善するだけでなく、私たちは木からグローバルな利益を得ています。すべての木は、その生涯において、空気中のCO2を吸収し、木に結合しています。木が長生きすればするほど、CO2の削減量も増え、地球への好影響も大きくなります。

経済・社会的効果:所得と生産性の向上

植樹には、エコロジーだけでなく、社会的・経済的な価値もあります。特に、植林によって小規模農家を支援することで、彼らに未来を与えています。

地元の人々にとって、木はそれを可能にするものなのです。

  • 農家の収入の多様化
  • 長期的な生産性の向上
  • スモールビジネスの立ち上げ

これは、地域社会に社会的な利益をもたらす財政的な基盤を作ることになります。樹木は食料資源を拡大し、経済的な機会を生み出すので、関係する小農は樹木から直接利益を得ることができるのです。