After the catwalk – モデルブッカーのラジオインタビュー

今朝も「DRadio Wissen」の生放送がありました。CMモデルエージェントのStephan Czaja氏をゲストに迎え、「モデルはキャリアの後、何をするのか?モデルは業界に残りますか?仕事を探すのですか?それとも大学に行くのですか?サッカー選手やスポーツ選手と同じように、モデルのキャリアも若いうちから始まります。だからこそ、モデルは早い段階で進むべき道を決めなければならない。自分がどのような決断をするかによって、自分自身の未来に影響を与えます。

多くの顔は、広告キャンペーンによって知られていますが、ある時点で見られなくなります。それは、必ずしもキャリアがうまくいっていないからというわけではありません。多くの人が何年もモデルとして働いており、早くから始めて、多くのことを見てきました。しかし、一休みして比較的普通の仕事をすることは、多くの人にとって「マネキン」であることに代わる真の選択肢です。また、教育や勉強を続けたいと思っている人もいます。そして、「やっぱり勉強しよう」となる。仕事をしていようが、勉強していようが、例えばモデルとして活躍した後に医者になろうと思えば、かなりの時間がかかります。

ドイッチュラント・ラジオでのインタビューをとても嬉しく思っています。インタビューはこちらからお聞きいただけます。キャットウォークの後は、DRadioの寄稿

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す