2021年ミラノ・ファッション・ウィーク – 2021/22年秋・冬

ミラノ・ファッション・ウィークが帰ってきました。スケジュールが固定され、デジタルプレゼンテーションを中心に、2021/22年秋冬シーズンの新しいコレクションが2月23日から3月1日まで発表されます。ここにはハイファッションや大手高級ブランドがひしめき合っており、モデルとしてキャットウォークに登場した人は、その目標を達成したことになります。アルマーニ、フェンディ、プラダなどの大手ファッションブランドに加え、エリザベッタ・フランキなどの若いブランドもミラノのファッション・ウィークに参加しています。

モスキーノ、フェンディ、プラダ – ファッション・ウィーク・ハイライト

今年の2021/22年秋冬シーズンのミラノ・ファッション・ウィークは、2月23日~3月1日に開催され、デジタルでのみ公開されています。ランウェイやファッションショーはオンラインで見ることができます。オンラインで最高のビデオを探すのは面倒だ。ミラノの象徴的なファッション・ウィークの個人的なハイライトをご紹介します。

ジョルジオ・アルマーニ

デジタル・ファッション・ウィーク・ミラノで行われた2021/22年秋冬シーズンのアルマーニ・ファッションショーの様子はこちら。

エリザベッタ・フランキ

デザイナーは、2015年のミラノ・ファッション・ウィークで春夏コレクションを発表し、キャットウォークデビューを果たしました。それ以来、彼女のブランドイメージとフランキーの人気は着実に高まっています。

モスキーノ

ファッションデザイナーのジェレミー・スコットは、ファッションウィークのモスキーノコレクションのビデオプレゼンテーションに、特別なゲストを招きました。アイコンのDita Von TeeseはMoschinoの “Jungle Red “を着ているのが見えます。

エンポリオ・アルマーニ

アルマーニ社のもう一つのコレクション:美しく、エレガントでシック。純粋なエンポリオ・アルマーニを感じさせる、興味深いランウェイ・プレゼンテーションです。

N°21

N°21」を手がけるイタリアのファッションデザイナー、アレッサンドロ・デラクアのトレードマークは、繊細な素材と直線的なカットです。ジェニファー・ロペスやコートニー・ラヴなどのスターが、このファッションブランドのファンです。

フェンディ

元ヘッドデザイナー、カール・ラガーフェルドのデザインで世界的に知られるフェンディは、今年のミラノ・ファッション・ウィークで、ガラスと鏡の間の息を呑むようなランウェイで次の秋冬シーズンのコレクションを発表しました。

マックスマーラ

イタリアのファッションブランドの来シーズンのデザインや装いは、ブラウンやダークグリーンの色調が中心です。

アルバータ・フェレッティ

アルバータ・フェレッティは常にビジョンを持っています。今シーズンはダークな色が特徴で、特別な日にはメタリックな色を使います。ランウェイでは、長めのデザインとダークな色調でディストピアのような雰囲気を醸し出しています。

ジェニー

ジェニーのファッションは、流れるようなラインの美しさと、クラシックな要素とモダンなテクスチャーの組み合わせによって引き出されるフェミニンなムードに重点を置いています。

プラダ

世界的に有名で、ファッション・ウィークの「大物」の一人であるプラダ。今年のキャットウォークでは、大胆なコレクション、突飛なデザイン、鮮やかな色使いが見られます。

MM6 Maison Margiela

Maison Margielaの異なるビデオプレゼンテーションはこちらからご覧いただけます。カットやパターンはいつもより少しワイルドで、コレクション全体のデザインは型破りと言えるかもしれません。

フィリップ・プレイン

フィリップ・プレインは、バーチャルなミラノ・ファッション・ウィークのために、これまでとはまったく異なる方法を考案しました。カラフルなアニメーションとワイルドなグラフィックで、コレクションを表現しています。ビデオでは、アニメーション化された骸骨がフィリップ・プレインの靴を履いているのを見ることができます。

ファッション・ウィークでの主要なファッション・ブランド

フェンディ、プラダ、モスキーノ、アルマーニなど、ファッションビジネス界のビッグブランドがミラノのキャットウォークに欠かせない存在となっている一方で、他のファッション界の巨人たちは今シーズン、休息をとっています。ボッテガ・ヴェネタとグッチは今年のファッション・ウィークを欠席し、ヴェルサーチとジル・サンダーは3月5日と7日のファッション・ウィーク以外の日に遅れてコレクションを発表します。