小さな写真の1×1:絞り、シャッタースピード、ISO値

ちょっとしたコツをつかめば、家族のポートレートでも、自分のモデルブックでも、誰でも素敵な写真を撮ることができます。 Photoblog Hamburgは最近、「写真撮影の基本」をテーマにした小さなショーグラフィックを公開しました。この小さな1×1は、絞り、シャッタースピード、ISO値に関する基本に基づいています。ちょっとした模様替えをして、技術写真の基本を楽しく学んでいただきたいと思っています。ここでは、いくつかの基本事項をご紹介します。

重要:それぞれの設定は、他の設定に影響を与えます。つまり、少し練習して、カメラの扱い方を覚える必要があります。とはいえ、このガイドは、アプリケーションフォルダやポラロイドなどの完璧なショットを得るために役立ちます。自分で写真を学んでみませんか?PA1Photographer Agencyのブログでは、フォトグラファーのためのヒントやインタビュー、チュートリアルなどを紹介しています。

写真を学ぶ – 写真家のための基礎知識

  1. 絞り
  2. シャッタースピード
  3. ISO値
  4. インフォグラフィック

絞り-写真のシャープさを決める設定

虹彩は、カメラのほとんどが機械的な装置です。レンズや光学系を通過する光の量を調整します。円形に配置された2枚のブレードは、光路が狭くなったり広くなったりして、入射光が小さくなったり大きくなったりするように、互いにスライドします。F値の選択により、露光時間と被写界深度が決まります。Fナンバーは、焦点距離と開口部の大きさの比を表します。

*ルキンスキー、wikipedia

Fotografie Crashkurs: Blende

瞬間を逃さないシャッタースピード

シャッタースピードとは、実は露光時間のこと。つまり、時間をかけるかどうかで、画像のシャープさや動きに影響を与えるということです。露光時間が短いほど、速い動きがシャープになる。制御は、純粋な機械的なものと電子的なものがあります。

*wikipedia

Fotografie Crashkurs: Verschlusszeit

ノイズの少ない写真を撮るためのISO値

フィルムスピードとは、写真プレートやフィルムの光感度のことです。ISOAとして規定されています。光感度が高いほど、同じ露光時間でより暗い場所での撮影が可能になり、同じ明るさであれば露光時間を短くする必要があります。

*ルキンスキー、wikipedia

Fotografie Crashkurs: ISO

写真を学ぶためのインフォグラフィック

従業員、フリーランサー、インターン、学生、生徒向けの便利なパッケージです。写真の基本についての1×1写真インフォグラフィックは、Photoblog Hamburgでご覧いただけます。

Fotografie Crashkurs: Schaubild (Verschluss, Blende, ISO)

Photoblog Hamburgに触発されて

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す