ルイ・ヴィトンのトップビデオ – クラフトマンシップ、イノベーション、そしてラグジュアリー

ルイ・ヴィトンは、ファッションファンのみならず、160年以上にわたってフランスのラグジュアリーとクラフツマンシップを象徴する名前です。スーツケースメーカーとしてスタートした同社は、世界最大級のファッショングループに発展し、その特徴的なデザインで多くの愛好家の夢をかなえています。ルイ・ヴィトンは、ウェア、バッグ、シューズ、アクセサリーなど、数え切れないほどのファッション&ライフスタイル製品を展開しています。

Overview hide

ルイ・ヴィトン – 歴史とハイファッションの帝国への発展

1837年、若き日のルイ・ヴィトンがパリに旅立ち、「ムッシュ・マレシャル」のもとでスーツケース職人としての修行を始めたことから、そのユニークな物語は始まります。数年の経験を経て、1854年に自分の工房を開き、後の帝国の基礎を築いた。すぐに大成功を収めたヴィトンは、別の工房を開いた。フランスのジェットセッターたちはスーツケースが大好きだったからだ。その後、息子と一緒にタンブラーロックを開発し、現在も使用されていますが、より優れた保護機能を備えています。彼は、自分のキッチンタイルのデザインをもとに、ルイ・ヴィトンの伝説的な「ダミエ」パターンを生み出しました。ヴィトンの死後、息子が会社を引き継ぎ、「ノエ」をはじめとする有名なバッグをデザインしました。1980年代までのルイ・ヴィトンは、たびたび買収されたり、業績不振に陥ったりと、浮き沈みがありました。1987年、フランスの酒造メーカーであるモエ・ヘネシー社が同社を買収し、新しいバッグや、靴やスカーフ、ショール、ベルトなどのアクセサリーを含む初のファッションラインを発表して、今日のグローバル企業LVMHへと発展させました。

特にマーク・ジェイコブスがクリエイティブ・ディレクターを務めたことで、ルイ・ヴィトンは2000年代初頭に本格的なブームを迎えました。彼はパリス・ヒルトンやキム・カーダシアンのようなスターによって有名になったイット・バッグを生み出しました。フランスの会社は、世界でも有数の高級品グループになりました。今日、お客様が製品を購入される際には、最高のクラフトマンシップとデザインを購入されるだけでなく、歴史の一部を購入されることになります。カーダシアンズやエマ・ストーンのようなスターやセレブリティ、ミランダ・カーやアレッサンドラ・アンブロジオのようなスーパーモデルが、ルイ・ヴィトンのデザインを身につけているのを定期的に目にします。

ルイ・ヴィトンについてもっと読む

日本とパリと「不思議の国のアリス」のファッションショー

ルイ・ヴィトンでは、デザイン、コラボレーション、ファッションショーのいずれにおいても、創造性と独自性が主要な役割を果たしています。特に後者は、ショーに参加している観客だけでなく、YouTubeでショーを見ている多くのブランドファンをも魅了しています。ここでは、高級ブランドの人気の高い非日常的な3つのショーをご紹介します。

フランスの高級ブランドでのエキゾチックなセッティングと狂気のショー

フランスのファッションハウスによる2018年クルーズコレクションのこのユニークなショーは、日本の京都にあるエキゾチックで息を呑むようなミホ・ミュージアムの真ん中で行われました。息を呑むような背景の中で、モデルたちはコレクションを披露し、観客の間で大きな反響を呼びました。音楽と相まって、このショーは実に幻想的な雰囲気を醸し出し、自宅にいる視聴者もこの特別なファッションショーに参加することができます。

キム・カーダシアン、Virgil Ablohのレインボーショーに登場

新メンズヘッドデザイナーVirgil Ablohがパリで行った初のショーは大きな反響を呼び、観客だけでなく、ファッション界やYoutubeのファンをも興奮させました。パリのシャトー公園の真ん中という特別な場所で、ルイ・ヴィトンはレインボーカラーのキャットウォークを作りました。また、特別にアレンジされた観客の方々が、虹の色に合わせたセクションの衣装を身にまとい、キャットウォークを輝かせました。会場には、キム・カーダシアンとその夫であるケイン・ウェストや、元カレのタイガと一緒にいるカイリー・ジェンナーなどの有名人がいました。コレクション自体はもちろんのこと、その豪華なショーは、フランスの高級ブランドの歴史の中でも最もエキサイティングなファッションショーの一つとなりました。

ヴァージル・アブローの2020年秋冬に登場した不思議の国のアリス

ヴァージル・アブローがクリエイティブ・ディレクターを務める2020年秋冬のファッションショーは、今回も完全な成功を収め、またメガ・アイキャッチャーとなりました。今回は、ターコイズブルーの雲の中に、巨大なハサミや鍵、木などが配置された「不思議の国のアリス」のような場所に観客がいました。同じく空をイメージしたスーツや、未来的なデザインのバッグなど、クリエイティブなコレクションとなりました。ここでもヴァージル・アブローは、この2年間でルイ・ヴィトンをまったく新しいファッションの次元に引き上げた、その巨大な才能と驚くべき創造性を証明しました。

キャンペーン – LVで感じる自由と無重力の感覚

キャンペーンは、潜在的な顧客の感情を刺激するものでなければなりません。特にルイ・ヴィトンでは、エレガンス、自由、ラグジュアリーを感じることが多いです。特に美しく魅力的なキャンペーンビデオで、フランスのファッションハウスは常に印象的な作品を提供していますが、次の3つのキャンペーンもそうです。

夢のような設定でのエマ・ストーンの軽やかさ

レ・パルファンのコラボレーションキャンペーンは、フランスのラグジュアリーグループの中で最も成功し、最も視聴されたキャンペーンの一つとされています。Youtubeだけでも、これまでに1500万回以上の再生回数を記録しています。映画『LaLa-Land』でアカデミー賞を受賞したアメリカ人女優は、ビーチやステージ、あるいはオープンカーで海辺をクルーズするなど、さまざまな場面で、ルイ・ヴィトンのフレグランスで軽やかさと自由を体現しているのが見て取れます。バックにはビヨンセの曲『XO』が流れています。間違いなく、これまでで最も美しく、成功したキャンペーンのひとつです。

LV-Bagsで旅する自由

このキャンペーンでは、ルイ・ヴィトンの精神と原点である「旅」を反映した一種のショートフィルムを制作しました。このモデルは、砂漠の真ん中で古いオープンカーに乗って、自由で優雅な感覚を体現しています。ルイ・ヴィトンに身を包み、LVのクラシックなパターンをあしらったバッグは、旅のお供に最適です。

カラフルなLVのスーツケース – Let you fly

フレンチ・トラディショナル・メゾンの新しいスーツケース・コレクションのために、モデルがスーツケースと一緒に空中に浮かんでいるという興味深いキャンペーンが行われました。このスーツケースはカラフルでメガライトで、新世代のブランドを体現しています。特にカラフルですね。これまでにルイ・ヴィトンが行ってきたキャンペーンの中で、最もクールでクリエイティブなもののひとつです。

アートやストリートウェアとのコラボレーションによるメガハイプ

ルイ・ヴィトンは、様々なブランドやアーティストとのコラボレーションで、最も大きな需要を生み出したブランドであり、今でもその需要は続いているでしょう。これらのコラボレーションの中には、今でもファンの間で象徴的なものとされ、しばしば本物の投資対象となっているものがあります。以下の3つのビデオは、ブランドの代表的な例を示しています。

現代のアーティストがLVのためにユニークなコレクションを制作

フランスのラグジュアリー企業は、他のデザイナーやアーティストとのコラボレーションの宣伝効果をすぐに認識しました。しかし、「Artycapucines Collection」では、1人ではなく6人の現代アーティストとコラボレーションし、今日でもユニークなバッグコレクションをデザインしました。アーティストは、Sam Falls、Urs Fischer、Nicholas Hlobo、Alex Israel、Tschabalala Self、Jonas Woodです。彼らは皆、独自の解釈でアートを表現し、世界的に成功しています。彼らがルイ・ヴィトンのためにデザインしたものは、個性的な方法で反映され、顧客の間で大きな需要を生み出しました。

Jefree Stars Louis Vuitton X Supreme Collection

フランスの高級ブランド「ルイ・ヴィトン」とアメリカのスケーターブランド「シュプリーム」のコラボレーションほど、世界中で大きな話題を呼んだブランドコラボレーションはありませんでした。このように対照的な2つのブランドは、コラボレーションによって完璧に調和し、リセラー・プラットフォームで記録的な売上を達成しました。これは例えば、アメリカの美容系インフルエンサーであるJeffree Star氏の動画を見ればわかります。Youtuberとして、またメイクアップ業界で最も成功している起業家の一人であるこのアメリカ人は、単に自分で全コレクションを購入し、それをYouTubeで公開しました。ジェフリー・スターの友人が着ているようなパーカーは、StockXのような転売プラットフォームで10,000ユーロ以上の値がつくこともあるので、間違いなく良い投資だと思います。

“Art meets Fashion “ジェフ・クーンズのアイコン的コレクション

ジェフ・クーンズは、現代美術において最も成功したエキサイティングなアーティストの一人と言われています。彼の彫刻や美術品は、主要なオークションハウスで数百万ドルの値をつけています。このアメリカ人は、ルイ・ヴィトンと協力して、ハンドバッグとアクセサリーからなるコレクションを制作し、その並外れたデザインで世界中のルイ・ヴィトンファンの好みに100%応えました。彼の作品は本物のクラシックであり、ほとんど象徴的であり、現在でも着実に価値を高めています。

インフルエンサーは新しい「スーパーモデル」であり、ハイファッションのブランドアンバサダーでもある

ソーシャルメディアの時代において、インフルエンサーは、特に若い人たちに大きな力と影響力を持っています。インスタグラムのフォロワー数が1億人を超えるカイリー・ジェンナーのようなスターが、自分の投稿の中でブランドにリンクすることは、通常、企業にとって大きな売上増を意味します。そのため、企業はインフルエンサーとの連携や、インフルエンサーの影響力を利用したPRに興味を持っています。ルイ・ヴィトンも数年前からこの流れに乗り、俳優のコディ・ファーンやYoutuberのエマ・チェンバレン、ドラン・ツインズなどと仕事をしてきました。

「俳優のコディ・ファーンとの「No Gender Rules

俳優のコディ・ファーンは、「アメリカン・ホラー・ストーリー」や「アメリカン・クライム・ストーリー」シリーズで知られているだけでなく、性別による役割分担や「ジェンダー・ルール」に対する戦いや取り組みでも知られています。例えば、オーストラリア人は化粧をして、公の場や雑誌の表紙で自分をアピールするのが好きです。洋服についても、彼には「男性用、女性用」というものはなく、自分の好きなもの、気分のいいものを着ています。ルイ・ヴィトンは、彼の強くて寛容な意見に共感し、定期的に31歳の若者をファッションショーに招待しています。また、最近では、コーディ・ファーンを起用したビデオを制作しました。このビデオでは、俳優が次のショーのためのフィッティングを行い、男性も「女性の服」を最適に着こなすことができることを見事に示しています。

インフルエンサーのエマ・チェンバレンがルイ・ヴィトンのゲストとして登場

エマ・チェンバレンは、最も成功したYoutuberやインフルエンサーの一人であり、彼女のビデオで何百万人もの視聴者を刺激しています。ルイ・ヴィトンなどのブランドが彼女と一緒に仕事をしたいと思うのも不思議ではありません。とりわけ、ブランドのファッションショーでは、アメリカ人は上半身から足先までラグジュアリーなファッションに身を包んで歓迎されます。もちろん、今年のクルーズショーにも参加した18歳の彼女は、ルイ・ヴィトンと一緒に一種のVlogを撮影し、準備から実際のファッションショーまで同行しました。エンターテインメント性だけでなく、高級企業の宣伝効果も間違いなくある。

Comedy Youtuber ドラン・ツインズ、初のルイ・ヴィトンのショーに登場

アメリカ人の双子、イーサン・グラントとグレイソン・ベイリーからなるドーラン・ツインズは、YouTubeだけで1100万人近いフォロワーを持つYoutuber、インフルエンサーです。2人は近年、特にコメディービデオで大成功を収めています。ルイ・ヴィトンも2人のファンのようで、YoutuberがキャンペーンやYoutube動画、ファッションショーなどに参加する契約を交渉しています。2020年春夏のショーのために、フランスの高級ブランドは、双子が初めての大きなルイ・ヴィトンのショーの前に、ファッションの世界の一部になるまでを直接体験させる、独占的なVLOGを撮影しました。

ヴァージル・アブローと彼のコレクションのファンである有名人とのBTS

OFF-WHITEの創設者であるデザイナーのヴァージル・アブローは、現在、ファッション界で最も人気のあるデザイナーであり、ルイ・ヴィトンのメンズコレクションのヘッドデザイナーを2年にわたって務めています。39歳の彼は、その並外れたデザインと実直な物腰で、セレブの間で大人気となっています。また、ファッションブロガーのロイック・プリジェントは、エマ・チェンバレンなどのスターと一緒に、彼の有名なファッションブログでアメリカ人をカメラの前に立たせています。

スーパーモデルNaomi CampbellとデザイナーVirgil Ablohのプライベートインタビュー

ここでは、今最もホットなデザイナー、ルイ・ヴィトンのメンズウェアの責任者であるヴァージル・アブローと、イギリスのファッションアイコンであるナオミ・キャンベルとのインタビューをVogue UKのYouTubeチャンネルで公開しています。二人が長年の友人であることは一目瞭然で、アブローが自分のキャリアのさまざまなステップやルイ・ヴィトンのコレクションについて語るのを聞くのは楽しいものです。

ロイック・プリジェント氏による、間近で見た貴重な情報。

フランス人のロイック・プリジェントは、自身のYouTubeチャンネルで、最も人気のあるデザイナーやコレクションの舞台裏を独占的に撮影し、ファッションファンにファッションの世界へのユニークな旅を提供しています。このビデオは、セレブリティゲストのショートインタビューの抜粋と、コレクションのファーストプレビューで構成されています。プリジェントは、ルイ・ヴィトンの2019年秋冬ファッションショーでもカメラを構え、エマ・チェンバレン、ジェイデン&ウィロー・スミス、エマ・ストーンといったスターをキャッチしました。

2020年春夏ファッション・ブログ – エマ・チェンバレンとコディ・ファーンとともに

フランスのファッションブロガー、ロイック・プリジェントがパリで開催された今年の春夏ファッションショーに登場したエキサイティングなビデオを再びご紹介します。一流のショーそのものに加えて、今回はエマ・チェンバレン、コーディ・ファーン、ローラ・ハリアー、エラン・ジョンなど多くのセレブリティ・ゲストが参加し、イベントを盛り上げてくれました。来場したゲストは皆、ショーやコレクションに熱中し、短いインタビューの中で、どの流行のアイテムをぜひ手に入れたいかを報告してくれました。

ルイ・ヴィトンに関する最も興味深い質問と回答

このような偉大で長い歴史があるからこそ、多くの疑問が生じるのは明らかです。ここでは、「ルイ・ヴィトン」に関するよくある質問とその回答をご紹介します。

ルイ・ヴィトンはどこから来たのか?

ルイ・ヴィトンはフランスのパリから来ました。

ルイ・ヴィトンは誰のもの?

ルイ・ヴィトンは、高級品グループLVMHの一員であり、フランス人のベルナール・アルノー氏が所有しています。

ルイ・ヴィトンのバッグはいくらで売られていますか?

ルイ・ヴィトンの小さなバッグは、380ユーロくらいから。もちろん、素材や制限などで価格は異なり、時には5,500ユーロを超えることもあります。

ルイ・ヴィトンのバッグの素材は何ですか?

多くのルイ・ヴィトンのバッグ、特に有名なモノグラム・キャンバスのバッグは、レザーではなく、ビニールを染み込ませたコットンの生地で作られています。この素材は、革よりもはるかに汚れや摩耗に強い。

ルイ・ヴィトンについてはこちらで紹介しています。