ブランディングエージェンシーです。アイデンティティ、バリュー、戦略、広告 – タスク

ブランディングエージェンシー – 多くの種類の仕事では、モデルとして、ブランディングエージェンシーのスタッフに出会うことがあります。ブランディングエージェンシーは、ECエージェンシーやデザインエージェンシーなど他のタイプのエージェンシーと異なり、仕事内容が優れているため、全体像を把握した上で対応することができます。メディア、マーケティング、広告、ここでは全てに通じる。代理店です。

ブランディングエージェンシーが目指すものは何でしょうか。

ブランディングという言葉は、統一されたブランドのイメージの略です。優れたブランドマネジメントを実践しているブランドは、一貫したブランドイメージを持っており、それも定期的に少しずつ更新しています。

簡単に言えば、ブランディング・エージェンシーはブランドを作るのです。

ブランドマネジメントの好例がファッションブランドです。ファッションという言葉は、まさにトレンドの略で、常に変化することを意味します。ですから、大きなファッションブランドでさえ、常に自己改革を行いながら、自分たちのアイデンティティを貫こうとしています。

新しいアイデアが写真やビデオ、あるいはファッションショーに反映されれば、モデルとして活躍の場が広がります。

ブランディングエージェンシーとは何か?

ブランディングエージェンシーとは何をする会社なのか?

ブランディングエージェンシーがこの目標を達成するためには、さまざまな業務やサービスを提供し、実現する必要があります。

ブランド・アイデンティティ

ブランドのアイデンティティ – コアビジネスのひとつは、なによりもブランドのアイデンティティを形成することです。簡単に言うと、アイデンティティとは、ブランドは誰なのか?モダン、クラシック、アーバン、ラグジュアリー、これらはブランドを定義する包括的なキーワードのほんの一部に過ぎません。もちろん、それ以外にも、今問題になっているサステナビリティ(持続可能性)など、さまざまな側面があります。

ブランディング戦略

ブランディング戦略 – ブランドを認知してもらうために、戦略を立てます。このような戦略は、常に分析に基づいています。これまで何が起こったのか、ブランドは何を象徴しているのか。そして、そこから戦略が生まれ、コントロールすることで永続的に適応していく。例えば、十分な人数に到達したか、など。十分な説得ができたか?お客さまは戻ってきたのでしょうか?

信頼と価値観

信頼と価値観 – ブランド構築は主に信頼によって機能します。なぜなら、これが顧客の忠誠心を高め、理想的には常連客を獲得する唯一の方法だからです。そのためには、ブランドが日常的に社内外で表現する価値が必要です。社内とは、スタッフ、社員だけでなく、ブランドと一緒に働くフリーランサーに対してもです。また、イメージパンフレット、オンラインショップ、個店(POS)に至るまで、すべての外見上でも価値を表現する必要があります。

マーケティング・広告

マーケティングと広告 – グローバルブランド戦略とは、個々の領域、特にマーケティングと広告のことである。コミュニケーションがなければ、誰もブランドやアイデア、製品について知ることはできません。したがって、ターゲットグループ(target group:ある年齢層の人々)とのコミュニケーションは非常に重要である。そのためのマーケティング施策はさまざまありますが、その中心的なもののひとつが広告で、ブランドのメッセージをできるだけ多くの人に知ってもらうことです。

ヒント!マーケティングエージェンシー 広告代理店についてはこちらをご覧ください。

コーポレートデザイン

コーポレートデザイン – 広告宣伝チャネル以外に、デザインも重要な要素です。そのため、ブランディングエージェンシーは、ブランドのコーポレートデザインも手がけます。コーポレートデザインでは、戦略立案と同様に、チラシ、インスタグラム広告、街の中心部のショップなど、あらゆるコミュニケーションにおいて、どのようなビジュアル要素が使われているかを正確に記録しています。簡単に言えば、ブランドロゴはもちろん、常に同じ色で統一し、それによって認知度を高めるということです。

ヒント!デザイン事務所について詳しくはこちら

ブランディングエージェンシー:サービス・タスク

ブランドマネジメントとは何かを知っていただくために、ブランディングエージェンシーのさまざまなサービスをまとめてみましょう。

  • アイデンティティ
  • 戦略
  • 信頼
  • 価値観
  • 広告宣伝
  • マーケティング
  • コーポレートデザイン

代理店:マーケティング、メディア、広告

エージェンシー – メディア、広告、マーケティング、非常に多くの、さまざまな種類のエージェンシーがあります。モデルとして、写真撮影、ファッションショー、コマーシャルなどの撮影現場で、多くのエージェンシーと仕事をすることになります。ここでは、その概要をご紹介します。