ビデオ撮影の舞台裏 – モデルの基本と正しい心構え

モデルという職業には様々な仕事があります。ビューティーショットからキャットウォークまで、さまざまな種類があります。モデルとしては、次の仕事で何が待っているかを知ることは常に重要であり、興味深いことです。ビデオ撮影のためには、いくつかの基本的な知識が必要です。.先日のyoutube動画撮影についてまとめてみました。から全てです。ビデオ撮影の仕組み、現場の様子、次の撮影でモデルにどんな準備をさせればいいのかなどの情報を紹介します。

銃撃戦のノウハウと情報

どのような企業やクライアントであっても、モデル、フォトグラファー/ビデオグラファー、プロダクションチームが確認する基本的なステップがあります。InstagramやYoutubeなど、さまざまなインターネットプラットフォームで自社製品(今回は靴の種類)を宣伝したいというクライアントのために撮影を行いました。実際に撮影ができるようになる前に、ビデオ撮影のための絵コンテが作成され、それが撮影時のガイドや指針となります。今回の撮影では、さまざまな雰囲気を見せるとともに、衣装、さらには靴についても何を言うべきか。私たちの撮影では、台本はありませんでしたが、モデルには、靴やルックに対してどのような言葉を使うべきかという情報がありました(靴の名前やコレクションが重要です)。ビデオ撮影で最も重要なことは

  • ビデオグラファーとチーム
  • どのような広告・映像を
  • 何を宣伝しているのか?
  • スタジオやセット
  • 絵コンテ・ガイドライン
  • 設定(光、カメラ、音
  • モデルの準備

動画撮影のための基礎知識:Youtube編

基本的な設定は、チームとビデオグラファーが行います。モデルは撮影場所にいなければならず、すべてを調整することができます。私たちが同行した作品では、すでに背景が用意されていました。このセットでは、Youtube動画の撮影に最適な、美しくシンプルな家具が置かれた空間の感じが出ていました。セットは、昼間の光や柔らかい自然光で本物のように見せることが重要です。背景は、モデルと商品に焦点が合うように、現実的でありながら、大きな障害物がないようにします。ビデオグラファーとスタッフは、モデルを正しい位置に置き、重要な設定を確認します。照明を調整し、カメラや音響を正しくセットアップする必要があります。これらのチェックとセットアップが完了し、モデルの準備が整ったところで、ビデオ撮影を開始します。

ビデオ撮影のための絵コンテ・ガイドラインを持つ制作の舞台裏

モデルのための正しい準備と基礎知識

モデルとしては、撮影現場に行くだけでなく、いろいろなことをしなければならないことが多いです。どのようなビデオ撮影なのか、どのようなクライアントなのかによって、メイクアップなどを自分で準備しなければなりません。代理店は、事前に、すべての詳細と、準備をしなければならない場合を送らなければなりません。私たちのビデオ撮影では、モデルは衣装を持参しなければなりませんでした(事前にその場の雰囲気に合わせて選んだ衣装と広告用の靴)。衣装を持参する必要がある場合には、靴(または製品)とのコーディネートはもちろんのこと、見ている人・観ている人の気を散らさないように注意することが大切です。作品によっては、モデルがメイクアップを持参する(ヘアスタイルも自分で決める)場合と、メイクアップアーティストがメイクアップしてスタイリングする場合があります。

YoutubeやInstagramの制作物の撮影

ビデオ撮影は、企業やクライアントが最終製品に何を求めているかによって、数日かかることがあります。撮影は一日中行われ、モデルは靴ごとに衣装を変えていました。映像は、フォトグラファー兼ビデオグラファーのOliver Rudolphが撮影しました。インターネットのプラットフォームごとに、動画の長さやティーザー、長めの動画などが用意されていました。モデルが絵コンテやガイドラインをもらって、ビデオクリップを撮影します。Youtubeの動画では、モデルが一か所に座っているだけでなく、靴の詳細や履いている様子を撮影しています。モデルにとっては、撮影に向けて良い準備をするための重要なポイントとなります。

  • 準備(クライアントは誰か、何を宣伝するのか、撮影例を参考にする
  • ヘアメイク(スタイリストの有無
  • アウトフィット(仕様
  • ストーリーボードの遵守
  • 製品の良い、本物のプレゼンテーション
  • 整った容姿と自然な表情
  • 収録内容の違い