デザイン会社:ブランディング、リブランディング、印刷物、ウェブ – タスク

デザイン事務所 – モデルとして、撮影現場で大きなチームに出会うことはよくあります。また、デザイン会社などの代理店の代表者が参加することもあります。デザインエージェンシーは、メディアのグラフィックデザインを担当します。そのため、実装の際には、彼らのクリエイティブな目が重要になります。だから、仕事やキャスティングでデザイン事務所の人に会うことは、そんなに珍しいことではないんです。そこで、彼らの最も重要な仕事とサービスが何であるかを知っていただくために、ここで概要を説明します。すべてに戻る代理店です。

デザイン会社が目指すものは何でしょうか。

あなたが街の中心部を歩きながら、お気に入りのソーシャルアプリやインターネットをスクロールしていると想像してください。まず、何に気をつけるのですか?カラーズ!もちろん、デザイン会社が扱うのは色だけではありません。しかし、根本的には、企業にある種の表情を与える役割を担っているのです。多くの場合、基本色やロゴから始まり、そこからイメージパンフレットやPOS(Point of Sales)を経て、さらなる戦略を展開していくことになります。

近くにあるデザイン事務所の特徴とは?

デザインエージェンシーとは何をするところなのか?

オンラインショップのサステナビリティを表す小さなアイコンから、ビルの壁面にポスターを貼った大規模なキャンペーンまで、デザイン会社の仕事は多岐にわたります。ここでは、代表的なタスクをいくつかまとめてみました。

ブランディング

ブランディングとは、古典的なブランド構築のことを指します。これは、デザイン会社がブランドのためにまったく新しいコンセプトを生み出すことを意味します。色やロゴはもちろん、名刺やイメージパンフレットなど、企業で使用されるあらゆる媒体がこれにあたります。

企業規模が大きくなればなるほど、このようなデザインガイドラインはより包括的なものになる可能性があります。そして、今後のすべてのプロジェクトは、このブランディングの基準に基づいて行われます。そのため、マーケティングキャンペーンはもちろん、社内会議やオンラインメディア用のトレーニングフォルダーも、いつも同じように見えるのです。これにより、デザイン会社にとって重要な「認知度」を確保することができます。

スーパーマーケットに行くと、何千ものブランドから選ぶことができますが、普通は自分が知っていて、すぐにわかるブランドに手を伸ばしますよね。

リブランディング

リブランディングとは、ブランドそのものを新しく、より現代的な外観にすることです。ファッションブランドでも、数十年の間にデザインコンセプトが変化している例が多くあります。そうすることで、ブランドは常に時代の流れを感じ、古くさくなったり、埃っぽくなったりすることがないのです。

デザインコンセプトの小さな変更もあれば、まったく新しいものが生まれることもあります。そのため、デザイン会社が提供するサービスの幅は非常に広くなっています。小さなロゴから、完全なブランディングやリブランディングまで。

コーポレートデザイン

コーポレートデザインは、モデルとしてぜひ知っておいていただきたい言葉です。マーケティングやメディアの中でも頻繁に耳にする言葉です。

コーポレートデザインは、ブランディングに非常に近く、統一されたデザインコンセプトが作られます。そして、今後制作されるブランドのコミュニケーション手段や広告は、すべてこれに基づいています。

つまり、複数の関係者やフリーランサー、あるいは代理店と一緒に仕事をする中小企業や大企業についてです。コーポレートデザインは、企業に統一されたラインを与えるものです。

プリントデザイン

世の中がデジタル化しているとはいえ、印刷物のデザインは欠かせません。ビジネスのアポイントメントに必要な小さな名刺から、都市部ではビルの壁面に10〜15m以上も巻き取る大掛かりな広告キャンペーンまで。

通常、このような印刷物のデザインは、Adobe PhotoshopやAdobe Illustrator、Adobe InDesignなどのプログラムで作成されます。というわけで、これらの言葉を耳にした方は、その意味が大体分かったのではないでしょうか。しかし、同じプログラムは、パッケージングなど他のすべてのグラフィックの作成にも使用されています。

パッケージング

パッケージデザインは、デザイン会社にとって大きな分野です。なぜなら、ほとんどの製品が、他の製品よりも目立つ、魅力的なパッケージを必要としているからです。

スーパーマーケットでもオンラインショップでも、ショッピングモールでもInstagramショッピングでも、何百万もの商品があり、その中から注目されるものだけが人々の興味を引きます。したがって、パッケージデザインはそれ自体がアートなのです。情報は明確で、理解しやすく、そして何よりも素早く感じ取れるものでなければなりません。例えば、お客様が様々な商品を比較検討し、それぞれにわずかな時間を与える場合です。

製品パッケージには、当然ながらコーポレートデザインの要素であるブランディング全体も盛り込まれています。

こうして、デザイン会社は一貫したブランド世界を作り上げていくのです。

ウェブデザイン

Webサイトやオンラインショップ、スマートフォンのアプリなど、あらゆるデジタルメディアを対象としたデザインも、もちろん重要な要素です。

最も重要なことは、現在ではすべてがモバイルデバイスに適合していなければならないということです。なぜなら、ユーザーの大半はモバイルデバイス、通常はスマートフォンでインターネットを利用しているからです。これを専門用語でレスポンシブデザインといいます。

モデルになっていただくために、ちょっとした例をご紹介します。モデルは横長で撮影されることが多いので、写真の縦幅よりも横幅が広くなります。このような写真を携帯電話で再生すると、比較的小さくなってしまいます。そのため、スマートフォンなどのモバイル端末で出力するコンテンツは、通常、縦長で表示するか、直接制作する必要があります。

デザイン会社:タスクとサービス

これで、デザイン事務所のことがよくわかったと思いますもし、次の撮影でたまたまデザイン事務所の人が一緒だったら、もうちょっとわかると思うんですけどね。

ここでは、その中でも特に重要な情報をまとめてご紹介します。

  • ブランディング
  • リブランディング
  • コーポレートデザイン
  • ロゴデザイン
  • グラフィックデザイン
  • プリントデザイン
  • パッケージング
  • ウェブデザイン

代理店:マーケティング、メディア、広告

エージェンシー – メディア、広告、マーケティング、非常に多くの、さまざまな種類のエージェンシーがあります。モデルとして、写真撮影、ファッションショー、コマーシャルなどの撮影現場で、多くのエージェンシーと仕事をすることになります。ここでは、その概要をご紹介します。