カーヴィーモデル個性化の流れ

モデル業界のこと。常に変化している、非常に動きの速い市場です。しかし、それがいかに多面的で個性的な展開をしているかは、ほとんどの人が気づいていません。美しさの理想は永続的に変化しており、過去の美の理想をミックスした形で、現在はより個性的なものになっています。マリリン・モンローが理想的なイメージであった50年代の曲線と、今もなお普及しているサイズ0のモデルとが混ざり合い、ソーシャルメディアや現代の時代の流れによって形成された新たな変数をもたらしています。個性が求められています。タトゥー、インフルエンサー、カラフルな髪の毛、またはカーブ!?特に、新しいトレンドであるプラスサイズは、業界でその地位を確立し、永続的に成長しています。しかし、プラスサイズとオーバーサイズを混同してはいけません。カーヴィーモデルは、運動や食事にも気を配っています。つまり、ファーストフードやダラダラした生活ではなく、「自分が食べたものは自分である」ということで、体重を一定に保つために健康的でバランスのとれた生活をしているのです。なぜなら、体のラインを崩してはいけないし、崩したくないからです。

写真家のオリバー・ルドルフ氏は、「カーヴィーモデル」をテーマにしたインタビューでこう説明しています。市場が拡大し、曲線を持つ女性も求められるようになったのは嬉しいことです。なぜ、一つの美の理想にこだわるのか?”.正直なところ、0号サイズを着ている人はほとんどいないので、Vogueモデルの美の理想像よりも、美しくも現実的なカーヴィーモデルに共感できるのです。曲線的なモデルを起用することで、企業はより広い範囲のターゲットにリーチすることができ、その結果、企業の市場価値が非常に高まります。モデルエージェントのStephan M. Czaja氏も説明しています。”カーヴィーモデルは広告に使うには最適です。人と違うもの、新しいものはすべて売れるし、人の目を引きます。

これまで0号サイズの痩せたモデルが活躍していたファッション誌「VOGUE」でも、3月にアメリカ版の表紙にカーヴィーなスーパーモデル、アシュリー・グラハムを起用し、史上初めてプラスサイズのモデルが誌面に登場しました。このように、既存の大企業でもこのトレンドを取り入れ、業界に定着させているのです。

カーヴィーなモデルは今も昔もトレンディです。

プラスサイズのモデルも増えているし、タトゥーを入れた派手な男もいる。美の理想は個性へと変化し、今ではすっかりモットーになっています。”Everyone is beautiful!”.キム・カーダシアンのようにスズメバチのようなウエストと大きなお尻でも、ゾンビボーイのように完全にタトゥーを入れた体でも、アシュリー・グレイハム、アンジェリーナ・カーシュ、ファイン・バウアーのような曲線でも。モデル業界は日に日に成長しており、非凡なタイプにはますます多くのニッチが用意されています。しかし、これらの理想が、スリム化ブームやサイズ0モデルに取って代わるかどうかは疑問です。

Supermodel Power: Chic, talented and in demand!

ここでは、Spiegel TVがCurvy Modelsの成功を報告しています。

曲線モデル