カナダグース:ブランド、ウィンターファッション、サステナビリティ、チャリティ

カナダグース – カナダグースは、冬のファッションの分野で高級衣料を提供する大手サプライヤーの一つです。彼らは常にMade in Canadaをモットーにしています。これだけでも、このブランドが建国を深く愛していることがわかる。そのため、彼らはチャリティープロジェクトにも積極的で、その収益は当然、選ばれた団体や困っている人たちに寄付されます。カナダグースについて、生産、プロジェクトなど、詳しくはこちらをご覧ください。

冬のブランド「カナダグース

1950年代、サム・ティックが素晴らしい起業家精神を持ってカナダに移住したことがすべての始まりだった。そこで、1957年に「メトロ・スポーツウェア社」を設立し、数年後に義理の息子であるデービッド・ライス氏も入社した。

デビッドは、ボリューム式の羽毛充填機を発明し、新しい時代を築いた。この知識から、彼はスノーグースを設立し、後にカナダグースと改名した。

1980年代、南極の科学者のために特別に作られたエクスペディションパーカーが最初のマイルストーンとなった。ビッグレッド」の愛称で親しまれるこのパーカは、現在では標準装備のひとつとなっています。

息子のダニ・ライスは1997年に入社し、わずか4年後にカナダグースの社長兼CEOに就任しました。ビジネスを盛り上げてくれたのは、彼だった。

北極熊とのつながりに触発された彼らは、2007年にPBI(Polar Bears International)と協力してコレクションを発表し、その利益は北極熊の自然生息地を保護するために同組織に寄付されました。

しかし、先住民の動物だけでなく、人間、正確にはイヌイットのお針子たちも支援した。カナダ北極圏には、彼らのためのリソースセンターが設置され、無料で資料が入手できるようになっています。

やがて、会社を拡大する時期が来た。そこでカナダグースは、カナダに新たな生産拠点を置きました。立地は意外と大きな役割を担っている。なぜなら、このブランドの「メイド・イン・カナダ」の商標は、いわば神聖なものだからです。そのため、今も昔もカナダのメーカーであることに変わりはない。

2014年にはついにトロントを正式なグローバル本社に指定し、生産能力を大幅に向上させ、その2年後には初の店舗までオープンした。今では、ジャケット以外にも専門的に扱うようになった。例えば、初のニットウェアや、シューズコレクションを発表したが、これまで通り、製品の機能性を重視・優先している。

ポーラージャケットはこうして作られる

当時、カナダグースは極地探検に参加する人たちだけが知っている存在でしたが、現在ではそれも変わりました。寒さに打ち勝つには、地球上で最も寒い場所で実際にジャケットを着用しているこの会社に頼るしかないのです。

そんな保温性も兼ね備えたスタイリッシュなパーカーがどのように作られているのか、ご紹介します。

ロゴマーク:偽物かオリジナルか

ロゴはブランドの地理的なルーツを表し、逆さの北極を表現しています。1980年代にDavid Reissがデザインしたものです。

また、ロゴはオリジナルとフェイクを見分けるために使用することもできます。フェイクの葉がほとんど絡み合っておらず、全般的にそれほど質の高い出来栄えではないことがよくわかる。

Project Atigi:イヌークのデザイナー、Victoria Kakuktinniqさん

ゲストデザイナーのVictoria Kakuktinniqは、カナダグースのために3種類のアウターウェアを制作しました。ジャケットはイヌイットのモダンなデザインを採用し、カラーはオーロラや夜空からインスピレーションを得ました。

デザイナーにとって、このコレクションはイヌイットデザインの伝統、クラフトマンシップ、そして伝統を称え、彼女自身も所属するイヌイットコミュニティを勇気づけるものとして、高い意義を持っています。また、収益はすべてイヌイットのコミュニティーに寄付されます。このようなチャリティーの形はカナダグースでは全く珍しくなく、PBIコレクション(上記参照)に匹敵するものです。

また、このプロジェクトは「Humanature」構想の一環でもあります。つまり、サステナビリティとバリューに注目しているのです。地球を冷やし、人を温めることを目的としています。

デザイナーVictoriaのインタビューはこちら。彼女はカナダグースのデザインだけでなく、自身のブランド「Victoria’s Arctic Fashion」も持っています。

コラボレーションNBAのアウターウェアパートナー

全米バスケットボール協会(NBA)は、カナダグースを複数年のアウターウェアのパートナーにすることを決定しました。カナダグースが毎年、リーグのオールスターのお祝いに合わせて、選手やファンのために限定デザインを開発する計画です。

ストア:Buy less test more

カナダグースの製品は、製造後に耐久テストを行う必要があるように、お客様もブランドの直営店で自分の要求に合うかどうかを試すことができるのです。そこにコンセプトがあります。店舗は必ずしも、万が一にもお客様が手ぶらで帰られることがないように設計されているわけではありません。逆に、カナダ・オンタリオ州のシャーウェイガーデンにある店舗では、商品の販売は行わず、氷のように冷たい部屋でジャケットの試着やテストができるのが一例である。

キャンペーン・広告

ブランドのさらなる印象は、こちらでCMやキャンペーンの例をご覧ください。もちろん、その場所には常にブランドの背景が反映されます。

新しいシューズコレクションの広告

頭の先からつま先まで守る-極寒から体を守るジャケットに加え、極限状態を想定したシューズも登場しています。そのため、頭のてっぺんからつま先まで、最高品質の装備を整えることができるようになったのです。

初のグローバルキャンペーン

“Out There “は、ユニークな実話に基づいたショートフィルムです。このキャンペーンを主導したのは、カナダの脚本家、プロデューサー、映画・テレビ監督で、すでに2度のアカデミー賞受賞歴を持つポール・ハギス氏です。

カナダグースに関するその他の動画をご紹介します。

  • カナダグース動画

カナダグースQ&A:最後の質問